地震や災害から建物を守るには事前の地盤調査

男女

建築前に必ず実施

地盤改良

判断材料になります

地質調査は、地質、土質、地下水などを解明するため行う調査のことで、建物の建築前には必ず行われる調査です。地下構造を明らかにするために、専門性を備えた地質調査技士によって実施されます。地質調査によって、地価部分についての形状、質、量が明確になると、その土地が建物を支える強度をどのくらい保持しているかという地耐力がわかります。地耐力は、建物を建てることが可能か、安全に使用できるかなど、建設前の判断に大きく関わる重要なものになります。地質調査によって地下構造を明らかにすることは建築の第一歩で、調査の方法には各種試験があります。地質調査技士は、ボーリングなどを行って地質を調べ、建物に対する強度の他、防災など自然災害関連の調査も行います。

重要な情報収集

地中には、建物を支えることができる硬い地層と、支えることができない柔らかい地層とが分布しています。地質調査では、硬い地層がどのくらいの深さにどの程度分布しているのかを重点に調べます。硬い地層が地表付近にあれば地盤がしっかりとしているので、基礎工事は比較的、短期に安価で行うことが可能です。ところが硬い地層が地中の奥深くにある場合には、長い杭打ちが必要になるなど、基礎工事は長期化しコスト高になる傾向があります。海や田んぼを埋め立てて整地した場合には、経年による地盤沈下の可能性が高くなります。このように、地質調査は土地の状態を把握するための調査です。いわば土地のカルテとも言える、重要な情報収集を行う調査になります。