地震や災害から建物を守るには事前の地盤調査

男女

地盤検査で土地をチェック

重機

コンビニなどの店舗を建設する前に心配な事として、店舗など、建物を建てた後からの地盤の安定性について気がかりだと感じ建物を建てる人も決して少なくはないでしょう。こうした不安を解消するための試験があります。「平板載荷試験」を行うと、建物を建てる前に地盤の変動があるかどうかを確認する事ができます。平板載荷試験のテスト方法としては、地面に向かって重機などを使って荷重をかけてテスト結果を検証します。平板載荷試験を行うと地面の地盤変化が目視で確認することができるため、テストの結果がすぐに確認する事が出来てわかりやすいテストです。目視での検査結果確認以外にも、平板載荷試験では数値でのテスト結果のチェックを行う事もできます。そのため書類上で地盤の状態を正確に確認することも可能です。

検査方法としては地盤の変化を調べます。地面に強い力を加えると地盤が変動してしまうことがありますが、これは地震などの自然災害を想定したテストとなっています。実際に地震が起こった直後の様子を目視で確認することができるため、建物を建てた後から万が一地震が発生し地盤が崩れてしまったなどといったトラブルを防ぐ事が可能です。また地盤が不安定な土地だとわかった場合でも、建物の基礎の補強工事をしたり、あるいは地盤改良を行うことによって建物を丈夫にする事ができます。事前に地盤が悪い土地かどうかが分かってしまえば、あとは補強工事などを行う事で、災害時の事故やトラブルを回避することができるため安全性や信頼性の確保をする事ができます。