地震や災害から建物を守るには事前の地盤調査

作業員

建築前に必ず実施

地盤改良

地質調査は、地質や地下水などを解明するため行う調査のことを指します。建物の建築前には必ず行われるもので、地下構造を明らかにするために、専門性を備えた調査技士によって行なわれます。硬い地層がどのくらいの深さにあるのかを調べます。

詳細

地盤とその状態確認

男の人

住宅建設を行う場合に、実施しておく必要があるものとして地盤調査がある。地盤の状態が悪いと、地震発生時に被害にあう可能性が大きくなるため、固い地盤であることは重要である。また、住宅を建設する場合に地盤調査を行うのは、その地盤の上に構造物を建設しても問題ないかを確認するために行われる。土地の状態が悪いと、土台をしっかり組んでも建物を安定して支えることができなくなってしまう。その為、その土地に建物を建てても構造上の安定が保たれるかを確認する上でも、地盤調査は必ず行わなければならないものとなっている。土地の状態については、表面から見たのみではその固さや安定性を十分確認することができない。その為、地盤調査により数値で表して確認することになる。

地盤調査を行う場合には、その土地に何を建てるかなどにより調査方法がことなる。一般住宅では、簡易的な機器を用いて土地全体の地盤の状態を測定してもらうことになる。マンションなどの大規模な建造物を建てる場合には、ボーリング調査が行われる。ボーリング調査では地中に鉄の棒を埋め込んでいき調査を行う方法である。調査方法により料金も変わってくるため、必要性に応じた調査を依頼することが必要になる。また、地盤調査と合わせて補強工事も行ってくれる業者もある。地盤調査の結果、地盤の状態が悪い場合には地盤改良を行ってもらえる。この際、調査会社と地盤改良の両方を行ってもらう方が、手間がかからず、調査結果をもとに確実に行ってもらえる。

地盤検査で土地をチェック

重機

平板載荷試験では地下方向へ向かって地表から強い力を掛けて、地盤の状態をチェックするテストです。重機などを活用して非常に強い力で地面へと力を加えると、地盤の変化を確認する事が出来る事があります。地震などの災害から地盤変化を予測するためにも、チェックしておくことが大切です。

詳細

特殊な工事

男性

業者にさく井工事を依頼することで水脈の有無や水質の調査を行ってもらうことができます。多くの業者で無料で見積もりが行われており、万が一水が出なかった場合には費用は請求されません。水道料金の削減や防災の観点からさく井工事の需要が増えています。また、さく井工事は既にある井戸のメンテナンスにも有効です。

詳細